Information 昼間仕事ていて痰状の鼻汁喉垂れて

Information 昼間仕事ていて痰状の鼻汁喉垂れて

Information 昼間仕事ていて痰状の鼻汁喉垂れて。洗浄は一時的な事では。60歳男性
数十年間「後鼻漏」悩まされて
昼間仕事ていて痰状の鼻汁喉垂れてくるため咳払いてティシュ取りださない
気持ち悪い 睡眠中喉垂れてくる感覚あるため
熟睡できず毎日1時間?2時間おき目覚めてティシュ取っていう状態で
毎日昼間30回、寝てるきで5回くらいティシュ取りだすいう頻度

耳鼻科あちこち通いBスポット治療試たこあり、一向改善されません
のような副鼻腔炎原因での後鼻漏上顎洞洗浄効果的聞き
同様の症状で上顎洞洗浄やったこのある方 効果いかでょうか
かリスクか 一回で効果実感でき 週間一回か
カ月か一回いうよう洗浄続けないダメなのでょうか

かく不快な症状改善できる方法あるなら是非試てみたい
上顎洞洗浄以外で効果のあった治療法などありら是非
宜くお願います 白い痰のお悩みもすぐ聞ける。としては夜間。喉と口の乾燥。鼻と喉の間がイガイガする様な感覚。昼間喉に
白い痰が張り付く。鼻の奥がもぞもぞとして鼻その他に。目の乾き。下まぶた
から白いどろっとした塊が溢れてくる。 白い痰が出る。口の乾きと舌苔が真っ白
または長梅雨で部屋をずっと閉め切っていて湿気と埃っぽい部屋でここ
しばらく暮らしていたのですが。白く透明な痰が続きます。咳はなく。体調も
悪くないが。痰がからむ感じが数ヶ月続いています。日に何回も咳払いをして
しまいます。

咳払い。咳は一般的には。肺や気管支の炎症が原因となり。体全体を使って。気管支に
ある分泌物痰を外に排出するための症状で。一方。咳払いは。どちらか
というと鼻の病気が原因となって生じています。 咳払いの症状 咳払いの症状は
。鼻およびその奥にある副鼻腔というスペースに炎症が起き。そこで鼻水が出て
くることで発生します。この鼻水が。前の鼻の穴ではなく。後ろの方。つまり喉
の方に垂れることで。この鼻水が喉の方まで落ち込んでいくと。不快に感じて「
ン。ン」と痰たんは何かの病気のサイン。一日中痰がからみやすい状態で。しゃべるときは咳払いをしながらといった状態
です。いずれにしてものどの炎症があるために出てきます。でなく空気も
カラカラに乾燥していて。その乾いた空気をじかに取り入れるのどや鼻の粘膜は
炎症を起こしやすくなります。また副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎があると鼻水
が鼻の奥からのどに下ってくる後鼻漏が痰になることもあります。 なかなか治ら
ない患者さんは一度。のど?鼻を診る耳鼻咽喉科を受診することをおすすめし
ます。

咳について。咳と一言で言ってもいろんなタイプの咳があるため。ここでは咳を原因別に分類
して解説している。最近。風邪にかかった後も咳だけなかなか治らないという
方が増えていらっしゃいます。ところが。風邪かと思っていたらそうではなさ
そうだという咳が意外と多いのです。胃酸が多すぎることで喉に逆流し。のど
を刺激し咳をしてしまう。性鼻炎を患っている人にとって。鼻から喉に垂れて
くる鼻汁後鼻漏が気持ち悪くなり。これを出すために咳払いするというもの
です。オりオノクリニック。僕の返事。新型コロナで重症化するのはコロナウイルスが体中に増えすぎて重症
化するのではありません。コロナ感染そのようなことにならないために。心臓
には洞の代わりになるために。自ら刺激を発生することのできる性質をもって
いる部分が多数あるのです。医学的に現時点では。日本での調査では明らか
な差はないとされていますが調査は続けられています。カレンダーで1か月
後に決まったように発熱して喉が痛いと訴えるお子さんは症候群かもしれ
ません。

Information。鼻の病気でアレルギー性鼻炎の鼻水あるいは蓄膿症急性。慢性副鼻腔炎 の
ため。さらさらの鼻水あるいは濃い。ねばい鼻汁がのどにからんで咳や咳払いが
なかなか止まらない。 耳鼻科的には後鼻漏という症状で治療してもなかなか改善

洗浄は一時的な事では いいか思いますがどうなって なぜ粘膜から大量粘液が出ているのかが大事と思います一つずつ検証していきますまず4つありますその中に沢山の要因がありますのでまさに一個ずつ検証してみてください根本治療はどうでもいいという人はスルーしてくださいね後鼻漏の診断方法は風邪=急性上咽頭炎 ?治すアレルギー アレルギー血液検査で抗体を調べる?アレルギーの薬をつかって治す副鼻腔炎はCTで調べてどこにどんな炎症があるのかマクロライド療法で半年以上治療をすることで治る人は7割しかいない つまりそう簡単でもない最後に希少な耳鼻科で治療しているBスポット治療で慢性上咽頭炎を診断して治療を続ける 2年かかる人が多いと本に書いてあります全てのことに対処しながら+Bスポット治療を併用治療することで治レールに乗っかる事になっていけますそのBスポット治療でだめたったということですが全ての炎症を押さえながらしか慢性上咽頭炎を抑えることは不可能ですなので副鼻腔炎の治療は継続してつまり副鼻腔炎をしっかり治して鼻炎を否定しないと先の4つの原因が残る状態では名医でさえ 治療ははかどらないですどうして 副鼻腔炎は治っていないのですか治療はやめてしまったのですかで=先の4つことをクリアしない限り先には進めないという感じです今のCT画像はどんな状態でしょうかアレルギー抗体検査はしましたかU血液検査アレルギーの症状をおさえつつ+Bスポット治療をすることで炎症を押さえていきます治療方法はアレルギーならアレルギーの投薬治療と同時にBスポット治療副鼻腔炎ならクラリスを半年以上1年くらい+Bスポット治療で治療が有効になっていきます大火事をコップで治すのではなく大きな炎症を薬でおさえつつBスポット治療で免疫を正常にしていくような治療です副鼻腔炎があるなら後鼻漏の一つの原因が残るという感じ副鼻腔炎でもアレルギーと菌のケースがあるのでいろいろな投薬になります色々な薬ためしていますか それから 全ての炎症をおさえつつ慢性上咽頭炎治療=Bスポット治療をしつつ最後にセルフケアを毎日やっていくことでやっと すべての原因に当たることができますその慢性上咽頭炎の原因は口呼吸?菌?ホコリ?カビ?寒さ?冷え?ストレス?乾燥ですどれ一つの改善が抜けても治らないと思っていいですのでしっかり検証をしてみるといいかと思います口呼吸だと絶対に治らないのでまず あいうべ体操をこれから先ずっとやるつもりで続きていきます治療で治らんのかっと思うかと思いますがこの後鼻漏というのは名医でも難解な部分を持つ治療で絡まった糸をほぐすような治療といいます 上咽頭名医の名言全て改善しない限り治らないと思いますまず口呼吸で口の中が乾燥していることに気が付かないと乾燥対策もしない =加湿器や湿度計を買うこともない?気が付かない?治らないというあたり前の道に歩くことになりますので検証が大事です家族に寝ているときみてもらってください寝ているところを取る機械などもあるそうですあとは慢性上咽頭炎になっていると粘液が停滞して動いてくれないので呼吸で入ってくる菌やカビを流す機能が働いていないので炎症が大きく=症状になりますエアコンは掃除していますか 季節ごと点検してみてくださいカビだけでも慢性上咽頭炎悪化です?後鼻漏に影響します寒さや冷えも どんだけヒドイ症状になっていても体温計で測ってみる人はいないです それ位どうでもいいと思いがちですが体温が維持されないのであるならNK細胞も動けないということになるので人間の基礎として体温は大事です汗をかいたら直ぐ着替えるくらいで夏はちょうどいいです冬は冷えたら 体温が上がりにくいので足湯や 本に書いてあるとおりに首の後ろを温めますストレスは 真面目ちゃんをやってきた人には気が付きにくいことがありますなので 不安や恐怖だと思ったときになにが不安なのか思い出すと解決方法も浮かびますので不安のままでいることはさけられますストレス=自律神経の狂い?上咽頭悪化ストレス一個でも慢性上咽頭炎悪化?後鼻漏悪化ですあとBスポット治療で治らんかったと思ったかもしれないですがこのリンパを治しておくと健康の土台を作る事になりますので諦めずに 治療は継続しておくといいかと思いますですが 信じないのであればそれは治らないので 行く必要はないですなぜなら宗教でもなんでもなく絶対治すとおもっていると大量の本を買って 熟読し治るための努力をしますが信用ナシの治療となれば治療にいって粘膜の治療がたとえ成功しても治らない行動を重ねていきますつまらんことで説明すると冷えた食べものを食べ続けるとかいう感じで身体を冷やすことで治らない方向に歩いていくってなかんじ治そうとする 思考と行動が治す方向のrailにのる治療は信じないと思うと思考と行動は治さないレールに乗っかるという感じで思考は行動になるので本を熟読して どうやって慢性上咽頭炎になってしまうのかを理解して治るロジックを理解すると治す方向が見えてきます他の本も大量に読んでみるとわかりますがどんな不調や病気も気を付けるべきポイントは同じような事でその同じような「体を冷やさない」などをスルーして 寒くても我慢してしまうような生活だとストレスがあっても 我慢大会などさらに治りが悪いです自分を大事にすることが治療の基礎ですので検証してみてください全ての原因を改善してみても治らないのならショウガナイですが人間というのは自分で治すための免疫をもって生まれています堀田修先生の名言 「治すため力を持っているのが人間だよ」なので すべての原因を取り除いてみて欲しいと思いますストレスだったとしてもそのストレスさえなければ私は症状は消えると思いますですが いまの状態が正解だと思ってしまうとそこから抜け出すことは不可能となります今を続けている限り 現状は維持されますなにか 変えることで変化になっていきますので我慢している何かを捨ててみるといいかもです勿論ストレスだけでもないですが後鼻漏の原因も複数不調は=内部表現ですストレスのない人はいないです不調があるということは 内部表現で体が必死に表現して助けてくれと言っているという意味ですなので何かの不調がある人はなにかしら我慢大会になっている事が多いということですストレスというのは簡単にいうと自己表現を潰していることです自由にできればたとえ慢性上咽頭炎があっても ヒドイ症状ににはならないですつまり 親の価値観で生きている人はストレスになっていきますので一度思考してみるといいです貴方は親のクローンでもないし親の価値感は貴方の正解ではないです親は親の価値感が正解貴方は貴方の価値観が正解自分の思考で生きている人はストレスが自分で解決してしまうのでストレスで不調とはならないです全ての検証をしてみてください一つずつ認識に落としてみるだけでも次の一手 何をしていけばいいのかみえていきますまず今日から首の後ろを温めて寝てみるといいです本に書いてあります セルフケアの方法 多数あります洗浄は一時的にいいかもですがつまりどうして大量に粘液がでるのかっていうと根本を考えるとでるから 出すと気持ちいいとかではなくなんで粘液が大量に出てくるのかが検証の対象です原因となる犯人を突き止めていくという意味です普通の健康な上咽頭であれば粘液がしとしとと湿度をたもって 気が付けないレベルが健康な粘膜です何かの影響かただの反応か炎症かわかりませんが大量にでる意味はなんなのかが大事ですまずはCTとり どこにどんな炎症になっていてマクロライド療法をしてまず副鼻腔炎を押さ我こむことが大事だと思います CTはとりましたか短期の治療なんて役に立つのかというレベルです医師の診断よりもCTは大事と思いますとはいえ 被爆もあるので大事だと思えば検査です半年のマクロライド療法で治った人は7割ですそれくらい治りにくいわけで副鼻腔炎があるなら 後鼻漏の一つの要因となりますのできっりち治しておくといいかと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です