20式戦後国産小火器総合 仮アサルトライフルライフルであ

20式戦後国産小火器総合 仮アサルトライフルライフルであ

20式戦後国産小火器総合 仮アサルトライフルライフルであ。>疑問1。分隊支援火器機関銃か 例えば小銃か狙撃銃っての役割の話でボルトアクションライフル、アサルトライフルってのライフルの種類 だ必ずアサルトライフル=小銃、ボルトアクションライフル=狙撃銃ってわけじゃないよね 拳銃例えるならアサルトライフルセミオートでボルトアクションリボルバーのような物、けど両方ハンドガンなわけで小銃、狙撃銃置いいて種類かあるけどぞれ、ライフル、ピストル分類されますよね あ、ショットガン 上下二段式、スライド式などショットガン言う変わりありません 散弾するのショットガン 長物で1発弾出るのライフル 手で撃てるのハンドガン で、機関銃の定義ってか 連射できる銃言うの正解なら納得できます、疑問2つ生まれ 疑問1 アサルトライフル機関銃ってこか でライフルよね 疑問2 仮「アサルトライフルライフルであり機関銃だ」ってだけならまだ理解できます疑問解決ます、ミリオタの上司「自衛隊の使ってるminimi正確言う機関銃でない、、分隊支援火器だ」言われて頭こんらり 分隊支援火器ライフルで言う狙撃銃や小銃当たる役割の話で分類で言う連射武器だ機関銃じゃないの 思い 例えば、「ベレッタ687正確言う散弾銃でない、猟銃だ」言われたら ってなりません まあよう分隊支援火器機関銃の一種なのか、機関銃いうジャンルの定義なのか、分隊支援火器言う機関銃違う含んだ他4つ並ぶ新たなジャンルあるなら、の定義機関銃の違い 強化プラスチックを使って約1kg軽量化された「ハチキュー」陸上。日本を守る陸?海?空自衛隊には。テクノロジーの粋を集めた最新兵器が配備
されている。普段はなかなかじっくり今回は。陸上自衛隊が使う日本の
アサルトライフル「式㎜小銃」である。一方。銃床を折り畳むことが
できる折り曲げ銃床型があり。空挺くうてい隊員や機甲科隊員が使用する。
式小銃の機関部側面には安全装置と射撃を切り替えるセレクター部がある。
林義正先生。「トルクと馬力」って何が違うんですか。教えてください。

防衛省?自衛隊:防衛省版サラリーマン川柳。防衛省版サラリーマン川柳 毎年。第一生命で実施している「サラリーマン川柳」
には防衛省版があります。 防衛省?自衛隊関係者向けのものですが。ならではの
「あるあるネタ」を各年度の防衛省版傑作集よりご紹介いたします。陸自新小銃に多くの課題。防衛省は昨年月日。式小銃の後継選定作業を進めていた陸上自衛隊の新
小銃を豊和工業製の「 」式と式の時のように弾薬やマガジンに
共通性がないわけではないが。がそれでも教育。兵站の二重化は問題だ。拳銃
はミネベア。小銃。迫撃砲などは豊和工業。機関銃は住友重機械工業。機関砲。
大砲は日本製鋼所が製造している。ていたにも関わらず。陸自は世紀なって
式小銃てき弾というライフル?グレネードを開発。採用している。

20式戦後国産小火器総合。実際に式の整備をしたことがあるが普通に部隊レベルで金属ブラシとか配って
清掃してるし文句があるなら自衛隊辞めて政治家にでもなって問題提起しろ。
といわれるだけで何かが変わることはないwピカピカにキレイになりそう
なので。シンナー使って式小銃のハンドガードとストックを磨きます!この
流れでずっと疑問なんだよね確かに式とかアサルトライフルとしては考え
られない位調達価格高いらしいので国産止めればみたいな他国だ89式戦後国産小火器総合。。名無し三等兵 。日 / アサルト
ライフルって。今や枯れた技術で。日本の弊社機関銃の不具合につきましても
素材を起因とするものが主だった要因と思われます。出るタイミングがまだ
レールの普及してなかった時代なら。コンセプトだけは受けただろうけど空中
炸裂機能はどちらかといえば小銃や分隊支援より機銃に付けると良い機能だと
思うしな銃剣や銃剣格闘ってのは攻勢のためのものではないからねぇ

陸上自衛隊装備品銃火器小銃?機関銃?ライフル等。陸上自衛隊に配備されている装備品の詳細情報を写真と共に紹介します。普通科
隊員防衛出動など戦闘時には火砲や戦車だけではなく。隊員個人が小銃や機関
銃を携行して敵に対処しなくてはなりません。普通科隊員式小銃の
後継として開発された国産のアサルトライフル。式機関銃の後継
として導入したベルギー製の機関銃で。式小銃と同じ弾薬が使用でき
ます。仮アサルトライフルライフルであり機関銃だってだけならまだ理解できます疑問解決ますミリオタの上司自衛隊の使ってるminimi正確言う機関銃でない分隊支援火器だ言われて頭こんらりの画像をすべて見る。

>疑問1 アサルトライフルも機関銃ってことですか?でもあれはライフルですよね?>機関銃というジャンルの定義機関銃って「弾薬を自動的に装填しながら連続発射する銃」ですからアサルトライフルもミニミもM60もM2も広義には「機関銃」です。ただ、「小銃弾以上の弾薬を断続的に発射することで戦場を広範囲に制圧できる銃」が一般的な認識の「機関銃」なのでアサルトライフルは「機関銃」とは言い難くなります。まぁ、「自動小銃アサルトライフル」ですね。因みにライフルと言ったら狙撃銃も「ライフル」ですからね。>疑問2分隊支援火器って「分隊を火力支援するために容易に携行することが可能な機関銃」って事です。国によっていろんなものを採用してます。簡単に言えば「機関銃」とは銃の種類で「分隊支援火器」とはその用途です。いろいろある機関銃の中でそれを分隊支援火器として使ってるだけの話。「ミニミという軽機関銃を分隊支援火器として使っている」と言えばわかりますか?車載される事もあるのにミニミが機関銃じゃなきゃ一体何のか?って事ですよ。ミリオタ上司さんはきっと頭がこんがらがってるんでしょう。>例えば、「ベレッタ687は正確に言うと散弾銃ではない、猟銃だ」と言われたら?ってなりません?うん。散弾銃を猟銃として使っているだけの事ですから「この人正気かな?」って思いますね。?『 機関銃 』とは。歴史的に見れば、連発機構を備えたものは、『機関銃と言って差し違いはありません』と、言いますのも手回し式のガトリング、電動式のチェーンガンなどを含め、機関銃の『 機関 』とは、自動で弾薬の装填、撃発、排莢を行う一連の流れのことを示しています。この定義に当てはめれば、全ての全自動火器半自動は含めないは機関銃です。→半自動=単発、セミオート→全自動=連発、フルオートしかし、刀剣類にも多種多様な名称、役割があるように、銃器にも時代とともに、その分類が当てはめられています。よって、以上のような分類による定義は、いささか雑なものであり、現代においてそぐわないものです。一般的、普遍的な機関銃の定義は、『 小銃弾、あるいはそれ以上の弾薬を用いて、持続的な制圧射撃ができるように設計されたもの 』と、なります。だからこそ、小銃弾を使っても重機関銃としてあるものもあります。例:M1919、74車載機関銃の車外単独銃架運用時機関銃には大分類として、二種類あります。『 重機関銃 』と『 軽機関銃 』です。重機関銃とはその運用上、複数人による操作が必要とされる大型の機関銃を指します。例:MG08、M2HMGlethal weapon と言った表現をされる事もあります。銃単体だけでは、自立や射撃困難である場合が多く、銃架に据え付けられています。※kord 6P60 機関銃など単体で運用できるものもあるよって防御戦において最も効果の発揮する機関銃になります。軽機関銃は、運搬から弾薬の装填、射撃など運用する上でたった一人で操作することのできる小型、軽量の機関銃を指します。例:RPD、BZ26その為、歩兵が携行できることから、機動戦、攻勢に向き、歩兵を支援する任務が与えられています。重機関銃?軽機関銃の分類は時代的に古い表現に表現になります。特に後者の軽機関銃。ただし、機関銃の運用上に違いがあるため、その大きな枠組みとして紹介しました。なぜかは、次項に記載?軽機関銃の分類軽機関銃は前述した通り、一人でその運用が可能な機関銃のことを指します。では、『 汎用機関銃 』や『 分隊支援火器 』とはなにか?『 汎用機関銃 』とは、重機関銃と軽機関銃の双方で運用することのできる機関銃を指します。具体的には、対応する銃架を有し、これに備え付けて重機関銃として運用したり、取り外して軽機関銃として運用することができます。例:MG34、MG42+ラフェッテ運用は重機関銃よりの軽機関銃。『 分隊機関銃 』とは、分隊内の分隊員が携行することのできる機関銃です。その為、汎用機関銃より小口径弾を用い、かつ汎用機関銃よりも軽量であることが多いです。軽機関銃よりの軽機関銃。まとめ。機関銃は操作に必要な人数によって、重機関銃と軽機関銃の二種類ある軽機関銃には、重い、汎用機関銃と軽い、分隊支援火器がある。以下余談。アサルトライフル、バトルライフルと言った表現がありますが。おそらく、その内無くなります。現在、米国では次世代弾薬の研究を行っており、一時頓挫した6.8mm弾薬を再検討中です。アサルトライフルは小口径小銃弾薬を使用する小銃を指し、バトルライフルは大口径小銃弾薬を使用するものを指す、のが一般的です。※大戦間はこの限りでないしかし、この.2235.56mmと.3087.62mmの更に中間弾薬にあたる6.8mm弾薬の登場は、このが概念を無くすものになる、とも考えることができます。ただ、アサルトライフルもバトルライフルも、軍事用語場はどちらも、『 ライフル 』であって、どこの軍隊においてもそのような表現は使っていません。あくまで、民間の商売戦略のような誇張表現に他なりません。参考までにどうぞ。機関銃を定義するならば、その時代の標準的な小銃弾を連射することを目的とした銃といえばよいかと思いますいっぽうでアサルトライフルは、実用的な連射能力を持つ自動小銃と言うことができますしかしながら分隊支援火器であってもミニミのように明らかに従来の機関銃から発展したようなもののほか、M1918BARやM27IARのような「オートマティック?ライフル」を名乗るものもありますこのあたりはPDWも同じで、車両や航空機、輸送部隊などの個人の自衛火器として配備されるようなものはすべてPDWで、形式上サブマシンガンやそれに類するもののほかに、カービンレングスの自動小銃も含むことがあります分隊用支援火器は、機関銃だけではない米軍のBARは、軽機関銃と言えないでしょう他は、軽機関銃を使用している。ミニミは、分隊用支援火器として使用するし車載用でも使える多目的な機関銃酷い回答が多いです。アサルトライフルは小銃です、機関銃ではありません。機関銃は軽機関銃と重機関銃に別れます。なんか知らない人が色々書いていますね、ミニバンの上にminimiを載せようとしてるオッサンです。分隊の火器はWW2だとドイツMG42軽機関銃、STG44、もしくはKra98←これが最高ですね。日本九九式軽幾、九九式小銃、八九式重擲弾筒USBAR糞ゴミ、M1ガーランドベトナム戦争では米軍はMG42ベースのM60とM16ライフルです。使っている側が勝手に名前付けているだけですよ。疑問1の回答アサルトライフルは小銃の進化版と考えられています。連射機能が付いているので機関銃と言えなくはないです。ただ、用途としては全歩兵の基幹装備としての銃として開発されましたの限りなく小銃寄りです。疑問2の回答機関銃と呼ばれる中に、重機関銃、汎用機関銃、軽機関銃、分隊支援火器が含まれます。後は用兵側の運用思想によって名前が決まります。例えばMINIMIだと自衛隊では「5.56mm機関銃MINIMI」として米軍では現在では「M249軽機関銃」と採用していますが、過去には「M249分隊支援火器」として採用していました。じゃあMINIMIは分隊支援火器なのか軽機関銃なのかそれとも機関銃なのかという話になりますが、メーカーは分隊支援火器として開発した様ですが、自衛隊の様に汎用機関銃を持たない組織では62式はほぼ退役と考える、MINIMIを汎用機関銃的に運用しています。米軍では分隊支援火器から軽機関銃に名前を変えましたが、運用思想が変わった訳ではなく、ただ名前を変えただけです。結局用兵側が勝手に名前を付けて使いやすい運用をしているだけですので、どうカテゴライズするかは個人の勝手です。分隊支援火器はww2の米国だとBAR自動小銃、日本だと99式軽機で機関銃を使う事が大部分でした。が、日本には世界に誇る89式重擲弾筒があり、300メートル先の機関銃陣地を一発で粉砕し恐れられました。戦後これを真似た米軍の専用のグリネードランチャーが、開発されベトナム戦争以後活躍しています。89式重擲弾筒です???*_*;アサルトライフルが登場する前の時代では従来のボルトアクション方式ライフルの他にオートマチックライフル自動小銃が全軍や一部の部隊で使用されていました。第一次世界大戦の頃の時代ではすでに半自動式小銃の概念自体は生まれていましたが、熟成の域を出ずに試作に近い物が存在していました。フェデロフ?アブトマートロシアやフュオット?オートマチックライフルカナダ…などやがて第一次世界大戦が終結し第二次世界大戦が始まると今までの開発経験を活かした実用的な自動小銃が登場するようになりました。トカレフSVTロシアSKSカービンロシア M1ガーランド小銃アメリカM1カービンアメリカ…などアサルトライフル突撃銃そのものはあくまで『連射が可能な高速小口径弾?中口径弾を使用する半自動装填方式の小銃』になり第二次世界大戦後半頃のドイツで原型となるモデルStg-44やMKb44などが最初期として誕生しました。開発に至った簡単な理由と経緯としては…『従来のボルトアクション方式の小銃では狭い場所では取り回しも不便で射撃時の反動も大きく短時間に素早く直ぐに何発も連続して撃てない!どうするべきか…』↓『サブマシンガンならコンパクトで持ち運びしやすいしライフルと比べて反動も少なく連続して何発もフルオートで連射できる!でもライフルと比べて射程も短いし威力も弱すぎる…どうしたものか。』↓『そうだ!ライフルの近?中距離への射撃性能とサブマシンガンの低反動?フルオート性能の両方の長所を合わせた小銃を開発しよう!』↓アサルトライフル突撃銃の誕生…となります。SAW:ソウ分隊支援火器とは、主に敵の射撃や前進を弾幕によって阻んで分隊の味方歩兵の前進を支援することを目的に用いられる火器の総称になります。つまり、機関銃の種別としてとしてM249MINIMIはLMG『軽機関銃』にカテゴリー分けされますが、SAW分隊支援火器としても分類されています。※M240FN-MAG?M249やM60やPKMなどは対人用途以外にも車載やヘリの側面に搭載して車両や軽装甲目標への用途などにも用いられるためGPMG汎用機関銃に分類される場合もあります。アサルトライフルの中には銃身やマガジンなどのオプションパーツを変更することによってSAWになる物も存在します。H&K G36やステアーAUGなどが主な代表例になります。広義的に言えば、アサルトライフルもマシンガンも機関銃です。どちらも自動で弾を撃ち出す機関を内臓していますから。単に用途として敵に突撃かませる軽量な銃アサルトライフルか、歩兵を進ませる為に弾幕張るやや重い銃マシンガンというだけです。ライフルというのも、遡るとマスケットの時代まで遡ります。当時、ライフリングを切ってないマスケットと、ライフリングを切ってあるマスケットの二種があり、後者をライフルドマスケットと呼び、いつの間にか歩兵が持ち運びできる小銃全般を指す「ライフル」という言葉になりました。二つ目の問いですが、機関銃マシンガンは銃種、分隊支援火器はその銃に与えられた役割とお考えください。自衛隊のミニミは「機関銃という銃種」であり、「分隊支援火器という役割を与えられた銃」です。従って、上司の言うことは誤りです。まとめ分隊支援火器はマシンガンに限りません。米海兵隊ではアサルトライフルを分隊支援火器として運用しています。機関銃とは、広義では銃弾を自動で撃ち出す機能を有する銃全般を指し、狭義ではマシンガンを指します。機関銃を指す呼び名としては、車載機関銃、同軸機関銃、対空機関銃など様々ですが、M2などの汎用性の高い銃はこれらの役割を全て担うこともままあります。う~ん、ちょっと違うかな?ここら辺のいろいろな名称は、まずは「連射式銃」のクラス分けが多様化したことと、それを用途別に分類する名称「分隊支援火器」みたいなのが登場して、これがクラス分けと重複したりすること、さらには、同じクラスでも各国で表現する言葉が違うことなどが絡まりあって、整理がつかない人にはわかりにくくくなっている、ということでしょう、って、この説明がわかんないか!ともかく、りかいすようというなら、確実なところから確実に把握していくことです。例えば下記の、「重機関銃と軽機関銃はアサルトライフルとボルトアクションライフルの関係として???」こういうあやふやな定義を積み重ねても混乱するだけです。んで、ちょっと言っておくと、問題の始まりである「ミリオタ上司」の説明がそもそも間違っている、というか不適切なんです。より正確に言うなら「自衛隊が機関銃で分類しているミニミは、米軍の表現では機関銃とはちょっと別の分隊支援火器という分類になる」なんてくらいが適切でしょう。だけど、同クラスの「機銃」を、ドイツ軍では「軽機関銃」と表現しています。つまり、同じクラスの銃を、自衛隊、米軍、ドイツ軍が別表現を使っているだけで、どれが「正確」とか言えない、そういう国際規格があるもんじゃないだけです。さらに、一部ミリヲタ系は「米軍が仰る様が基準!」と思い込んでいるので、それが「正確に言うと」とか妄信しているだけです。いまだにメートル法も使えず、用紙規格でもガラパゴス国家のくせにです。ただ、質問者さんも「連射式銃」のクラス名称は、基本的に使用弾種によって変わってくる、というくらいの知識は固めておくとよいと思います。ここで話題の米軍表示「分隊支援火器」は「5,56 × 45 mm NATO 」弾を使う機関銃のことで、この弾種は現用の旧西側国の「小銃弾」と同じもので、これはより大威力の旧NATO弾「7.62×51mm」を使う機関銃、今、最も普通の表現だと「汎用機関銃GPMG」ですかね、「分隊支援火器SAW」はこれと区別するための名称と言えますね。そうすると、ざらっと「連射式銃」の名称を並べると?短機関銃拳銃弾?分隊支援火器現アサルトライフル弾?汎用機関銃現バトルライフル弾=マウントにより「軽機関銃」「重機関銃」?重機関銃大型弾使用?機関砲さらに大型弾くらいに分類できますが、それぞれに国ごとの異名があったりしますし、特殊なものもいくつもあります。また「バトルライフル」とはかっての「アサルトライフル」のことで、小型弾の登場で「アサルトライフル」の名称がそちらに移ったことで作り出された名称ですが、ドイツ語では「シュネールフォイアゲヴェーア自動小銃」と言うし、そもそもほとんどの軍隊は「分隊を支援する火器」=「軽機関銃」あるいは「汎用機関銃」だったし、米軍でさえ一時はこれを採用していました。つまりはここら辺理解するには20世紀の各国軍の分隊編成の歴史を知っていかないと、なかなかわかりにくいんです。だから、その上司に「それは軽機関銃開発に失敗したアメリカ軍の言い方ですな」と言い放ってやるには、そういう定義を自分で埋めていくしかないでしょうね。小銃は構造的分類では。ライフルの訳語だし小銃と機関銃の分類は曖昧なところがありますね一応「撃ちまくれるのが機関銃」「基本セミオートなのがアサルトライフル」ですが、RPKだとかM27だとかはどっちやねんって感じ結局のところ「使ってる組織がどう呼んでるか」の問題になっちゃいます分隊支援火器と言うのは「アサルトライフルと同格の中間弾薬を使用する機関銃」を限定して指すものと使われることもあれば、第一次大戦の軽機関銃に始まる「突撃に随伴可能な機関銃」を全部まとめて指すものとして使われたりもします、何が何やら突撃銃や自動小銃など、ライフル弾を連射できる銃は数多ありますが、持続的に連射できる銃は機関銃だけです。映画などでは突撃銃などでも景気よく連射してますが、実際には発射熱を抑えて故障の誘発を避けるために推奨される持続発射速度は、だいたい1分あたり1弾倉ぐらいです。機関銃は連射しすぎて過熱した際でも、容易に予備銃身と交換できる機構を有しているので銃身水冷など別形式もあります、故障を抑えて連続射撃が可能です。分隊支援火器は大きくまとめると機関銃の一種ですが、従来の機関銃と違うのは一人で運用する機関銃であることです。それまでの機関銃はチームで運用するもので、その国ごとによりますが射手の他に弾薬手や運搬手、副射手、指揮者兼務含むなどがついて機関銃を運用します。チームの配属も中隊単位です。分隊支援火器は最も小さい単位の分隊に配備される機関銃で、一人で運用できることが求められます。ですからつとめて小銃手と弾薬を共用できる機構を有したり、弾薬手の補佐がなくとも弾薬ベルトが踊らないような工夫がなされています。この定義については様々な議論があり、銃の本場米国でも定かではありません。ですので、個人的意見として捕らえてください。私なりのアサルトライフルの定義は、アサルトライフル弾5.56x45mm弾などを使用する、連射も可能な銃です。ここでいうアサルトライフル弾とは、拳銃弾9x19mm弾や.45ACPとフルサイズライフル弾7.62x51mm弾や7.62x54mmR弾の間の射程距離を埋める、射程距離がおおむね300mの銃弾です。これにはクルツ弾7.92x33mm弾やカービン弾7.62x39mm弾も含みます。アサルトライフルは連射可能ですが、機動性のために軽量化されており、銃身の加熱や弾倉の装弾数など、連射を前提とした設計になっていません。あくまで連射はおまけ程度で、普段は半自動銃のように扱います。機関銃マシンガン、MGですが、連射を前提とした銃のことです。拳銃弾を使用すれば短機関銃サブマシンガン、SMG、ライフル弾を使用すれば軽機関銃ライトマシンガン、LMG、対戦車ライフル弾?対物弾.50BMGを使用すれば重機関銃ヘビーマシンガン、HMGとなります。上記の通り、アサルトライフルは連射を前提としておらず、また軽機関銃は持って移動するには重いということで、アサルトライフル弾を用いる機関銃が開発されました。これがRPDやRPK、MINIMIといった分隊支援火器SAWです。分隊支援火器は主に敵陣に連射して弾幕を展開し、移動中の仲間を撃たせないようにするものなので、敵を倒す威力は必須ではありません。分隊支援火器という役割は機関銃という種類の銃が担当するで合ってるはずですベルト給弾でフルオート射撃ができるものを機関銃と定義するのが実際上の分類でしょうその中でも歩兵が手持ちで運用できる軽機関銃を分隊支援火器として用いるという解釈でいいと思いますアサルトライフルはベルト給弾できないので機関銃ではないでしょう昔の機関銃にはドラムマガジンや箱型弾倉の対空機銃もあったが現在は主に箱型弾倉を用いるライフル弾をフルオート射撃可能な銃はアサルトライフルという独立した分類と見るのが一般的と思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です