11の間12の間ぞれ解持つような定数mの値の範囲

11の間12の間ぞれ解持つような定数mの値の範囲

11の間12の間ぞれ解持つような定数mの値の範囲。fx。二次方程式 x2 mx 2m+4=0 、 11の間、12の間ぞれ解持つような定数mの値の範囲 [ ]<m<[ ] [ ]、 む。をおこなうことであるい ま図の ような,む だ時間 む だ時間要素 集 中定数
要素 図 むだ時間を含む制御対象始 ま り, 図
βへ とつ な が る一連 の 独 特 な む だ 時 間 対 策 は,そ れ ぞ れ 別
々の間 [-θ, ]上 の関数に対応させる写像σ=+σ, -θ ≦σ≦を 定義すると
,む だ時 間 要 素 の状 態 を σに よってな場合を含んでいることを注意 して
おこう この系の状態方程式は,次 のようにまとめられる 集中定数系 / =,η,

12。次方程式 –+= が次のような実数解をもつように, 定数 の値
の範囲を定めよ。 異なる つの正の解 異なる つの負の解 正の解と負
の解

fx = x^2 – mx – 2m + 4 とします。y=fxは、下に凸の2次関数なので、条件が成り立つには、f-1 >0、かつ、f1<0、かつ、f2>0であればよい。f-1 = 1 + m – 2m + 4 = -m + 5 >0 より、m<5 ???①f1 = 1 – m – 2m + 4 = -3m + 5 <0 より、m>5/3 ???②f2 = 4 – 2m – 2m + 4 = -4m + 8 >0 より、m<2 ???③①②③から、5/3<m<2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です