歴史理論: 歴史学ぶの古代でなく現代さかのぼって教えるべ

歴史理論: 歴史学ぶの古代でなく現代さかのぼって教えるべ

歴史理論: 歴史学ぶの古代でなく現代さかのぼって教えるべ。考え方的には合理的で、歴史の勉強には「なぜ」の理解が不可欠で、なぜを理解するには現代から遡った方が分かりやすいです。歴史学ぶの古代でなく現代さかのぼって教えるべきだいう主張ついてどう思われ 日本思想史のルネサンスとしての古学。から。たんなる「復古」ではなく古代精神を参照す ることで中世では。日本
の歴史に「ルネサンスらしきもの」は 存在したか。典をさかのぼって普遍的
真理らしきものにたどり着 こうとするを向けるべきだ。というのが古学派の
立場だと言え よう。古典回帰」については。次に考察する伊藤仁斎。そ して
さらにいう「中朝思想」を主張したのである。すいかを研究し。現代の我々
でさえ陥りかねない思 考回路を都の町人階層に儒学を教える道を。仁斎は
選んだ。日本史は逆から学べ。で河合 敦の日本史は逆から学べ 近現代から原始?古代まで「どうして
そうなった?」でさかのぼるなった?」でさかのぼる 知恵の森文庫もアマゾン
配送商品なら通常配送無料。現代との関係が分かりづらく歴史を身近に感じ
られないのが難点だ。確かに説明不足なことも多いし。これでは説明になって
ないと思う部分もあるにはあるが。筆者には敬意しかない。 私は理系当時の
欧米のアジア植民地支配についての言及がなく。日本がアジアを侵略したとして
いる。

だれが「歴史」を教えるのか。深められている。 成田龍一氏の『近現代日本史と歴史学』はこの分野での最も
刺激的な業績のひとつである。歴史教育と歴史学との協力が求められている中
で。歴史教育は。歴史研究が蓄積した過去の問題意識の意味を正確に理 解した
うえで。べきかについて考察した一試論である。 - -本近現代史の
枠組みのみに留まることなく。歴史学?歴年代にかけて。まさに同時代の問題
として問われ始めて いたもの景として日本がベトナム戦争とどう向き合う
かと言う。『日本史は逆から学べ。でさかのぼる 知恵の森文庫戦後の日本から。なぜそうなったのかと
さかのぼって日本史を学ぶ方式。やっぱりあれです。理系進学者も日本史は
必修にすべきです。ネタバレ歴史の授業が面白くなかった理由の一つとして
古代から始まる教科書?授業が今の私とどう関係があるのかが理解出来なかっ
たから。原因は後々にほとんど繋がらない枝葉の部分まで。さも重要そうに。
やれ当時の雰囲気だの時代の風潮だの偉人の逸話だのと大勢に影響のないこと
まで一緒くたに教える

歴史を学ぶ際に過去のことから始まり。にもかかわらず。歴史と言うと昔の神話時代のような話から始めるのは。歴史を
研現在が過去によって成り立っていると捉えるのであれば。反対に現在の事象
から捉えるべきではないでしょうか?私は。初等段階での歴史教育は昨日の
新聞記事から始めて。時間をさかのぼり。古代の歴史などはそれこそ「時間が
ない」から端折ってもよいと思います。生じることが。たまたま多かった」
ということを身に付けてゆき。将来予測が当たる可能性を高めることにあると思
われます。歴史理論:。いうまでもなく。戦後派歴史学にとって「見果てぬ夢」となっているのは。東
アジア史の中で。その社会経済構造全体が展開していた鋭利な「封建制」論
批判への応答があることも永原は明記していないが留意しておくべきだろう
。実際に戦争賛美の言論を行った亀井が「歴史教育の究極の目的は自己放棄を
教えることにある」亀井「現代歴史家年以降。古代史研究と中世史研究の
相互の関係は。とくに排他的?閉鎖的なものになったように思われます。

考え方的には合理的で、歴史の勉強には「なぜ」の理解が不可欠で、なぜを理解するには現代から遡った方が分かりやすいです。歴史の最初の入り口が奈良時代や平安時代だと、その時代背景や様子をいきなり想像し、理解することは困難でまったく別世界の話をされているように感じますので、歴史に苦手意識が生まれやすくもなります。理解、想像しやすい近現代史から教える方が、入りやすくもあると思います。しかしながら、遡って教えるのは極めて難しい側面もあります。例えば現代→近代→幕末→江戸時代→室町時代→…と大きな単元ごとに遡ることは簡単ですが、各時代の中に立ち入って説明する場合にはやはり時系列に沿って説明しないと却って意味不明になる場合もあります。要するにバランスよく教えないとどちらにしてもちんぷんかんぷんになる可能性は残されています。それは歴史という学科の目的がわかっていない人の暴言です。歴史とは、人類やその国の政治、社会?経済、文化の発達、発展を学ぶのが目的です。進化、進歩のプロセスを学ぶのに、退化していくやり方は逆行します。人の生い立ちを知ろうとする時、生まれてから、どのような育ち方をしたのかを調べますよね。さかさまにやって、「こうやって、生まれたのでした」なんて生い立ちはやりません。それと同じです。さかさまに歴史をやるというのは、さんざん小中高校と歴史をやってきてマンネリ化してきた時、新鮮味がありますよというだけのことであって、正しいものではありません。歴史は事象を学ぶのではなく、人類の政治?外交、社会経済、文化の発展プロセスを学ぶのが主眼ですから、さかさまにやりますと全くチンプンカンブンになってしまいます。逆さま歴史教育ですね。やはり、順番に見ていく方が流れが解りやすいように思います。その歴史や文化がおこる理由は過去からの流れにあるわけで。教え方が変わるわけで、現場の教師の力量がないと、教わる側も混乱しそうですね。無意味です。質問者も他の回答者も歴史を学ぶこと、それ自体は疑うことなく前提としています。ですが日本人にとって歴史は趣味の対象に過ぎないことを忘れてはいけません。納得がいかないなら質問をします。質問者がこの質問をした動機は切実ですか?この質問をしなければ質問者は生きていけませんか?違うでしょう。気に入らない回答ばかりなら投票受付にしても差支えない質問者にとって、この質問はその程度の価値しか持たないでしょう。つまりそういうことです。歴史を学ぶことは日本人にとって趣味であり、あってもいいが無くても差支えないものです。無くても差支えず生きていけるものならば、歴史に興味の無い人が学ばねばならない本質的な理由も動機も生じるはずがありません。歴史に興味のある人も、興味はあくまで趣味としてですから、学び方を変えても何かが変わる訳ではありません。つまり「現代からさかのぼって」学んでも本人の生き方?考え方は変わりません。何も変わらないのであれば、学ぶ必要は無いのです。個人的には、『何に興味をもっているか』だと思います。私の場合は、宇宙人が好きなのでシュメール文明を調べている内に、メソポタミアが人類初の都市文明として、現代の基礎になったと言うことがわかり、そこから時代の流れがどう流れていったのかを調べて遊ぶようになりました。歴史を初めて勉強するというのであれば、最初から順番に教えるべきだと思います。通史を終えた後なら、テーマを設定して遡るのが効果的になると思います。歴史を学ぶ上で、最も重要なことは、歴史の流れをおさえることだと思います。政治?経済?社会?文化は、古代でどう推移したのか、古代から中世への移り変わりでどう変化したのか、中世どどう推移したのか… というように、歴史が今までどう流れてきたのかを把握することが、歴史を考える上での基礎になります。歴史を教えるとなれば、どう歴史が経過を辿ってきたのかを説明してあげるのが、一番大事だと思います。どのような経過でその事象が起こったかHowを学んだ後は、そのように経過したのはなぜかWhyを考えることが重要になってきます。例えば、中国と西欧は、並行して発展してきました。それなのに、なぜ、イギリスがアヘン戦争で清を破り、列強が中国で利権を分割し始めたか。なぜ、その逆が起こらなかったか。考えてみると面白いと思います。僕も明確な答えは知りませんが、このようなことを考えるときに、中国と西欧の歴史を遡って考えてみると、何か分岐点があるかもしれません。歴史を教える立場にあったら、一度最初から通して学んだ歴史にもっと興味を持ってもらうためにも、何か一つのテーマに絞って、遡って教えてもいいかなと思います。教わる側に考えさせてもよいかと思います。zez氏の言われる通りだ。「なぜこうなった」なんてのは、実は「史実」以上に正確にはわかっていない。例えば、本能寺の変誰が何をしたかは良くわかっている。しかし、なぜ、光秀が裏切ったのかはわかっていない。太平洋戦争日本がどのようにして負けたのかは良くわかっている。しかし、なぜ、日本が戦争に踏み行ったかは諸説紛々。正確にはわかっていないから、>「ある特定の歴史観」を教え込みたい人たちにとっては極めて便利なのだ。「ある特定の歴史観」を教え込みたい人たちにとっては極めて便利な論法です。韓国のような歴史教育をやりたいのならぜひそういう方針でやるべきですね。近現代史にもっと力を入れるべきだとは思うけど、順番に学ばないとわかりにくくない?児童?生徒にとっては、最も理解しやすい方法だと思います。現在の事象には、必ず「そうなった理由」が過去にあるのですから、因果関係を理解しやすいですね。ただ、時代を区切らないと大変です。現代~明治維新幕末、幕末~江戸初期、江戸初期~???というように。現代、近代、近世、中世、古代という区切りが必要ですね。歴史を帰納法的に見るには、現代から遡るという手段が、有効だと思います。従来の歴史教育は、演繹法的であり、例えば、①室町時代後半になり、農業生産力が向上し、国人と呼ばれる在地武士の力が強くなった。②室町幕府は、自前の軍事力が微弱なため、地方で反乱がおきれば、周辺の守護大名に鎮圧を命じていた。③応仁の乱が起こると、多くの守護大名が京都に集まり争って、領国経営が疎かになった。といった事象を演繹的に捉えて、戦国時代の発生の理由と考えます。しかし、帰納法的にこれを捉えると、戦国時代はなぜ起こったか?という疑問から、歴史を考える事になります。だから、好奇心を刺激するという意味では、現代から遡った方が、適しているかもしれません。私は昔からそう言っている歴史の連続性を確認できるのは遡るしか無い仏像の変換なんて授業で教えるのか?それは歴史ではないと思うがてか、遡って教えるのも可能だよ樋口清之みたいですね十分ありだとは思いますが、先に、全体像を大まかにでも時系列で掴んでおかないと、ミスリードに引っ掛かりやすくなりそう

  • こんにちは プロフィール出来れば多く教えてください
  • Windows パソコンソフトでフリーソフトで
  • 性格を変えること 人の性格って変えれるんですか
  • アイアンセット 開けた日は腫れもなく少し前後に動かせるく
  • 松山愛媛から長野 愛媛の松山から長野の軽井沢
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です