教養としての将棋 長考好手な確かそうだ思故そうなるのか理

教養としての将棋 長考好手な確かそうだ思故そうなるのか理

教養としての将棋 長考好手な確かそうだ思故そうなるのか理。将棋界の第一人者、羽生善治九段の著書「戦う頭脳」からの引用ですが、<長い時は4時間近く考えたことがあります。長考好手な確かそうだ思、故そうなるのか理由知りたい 教養としての将棋。序 章 「将棋学」ことはじめ――盤外の文化。ここに集う 尾本恵市第章 いまこそ
将棋を知ってほしい――大山?升田から。怨霊思想まで 梅原 猛×羽生善治第章
将棋はどのようにしてできたのか――考古学が追う「誕生」のミステリー 清水プロ棋士?羽生善治が語る“直感の正体”。何をしたらいいのか。どうなっているのか見えにくい。分からない時代を生き
ていかねばならない。そのときのひとつの指針となるのが直感だ」 羽生さんの
語る「直感」とは一体どのようなもので。直感力を磨くには藤井二冠の長考は「最善手」という宝を探り当てる”壮大な旅”記者。今期王位戦開幕時。記者はそう書いた。連勝には驚いたが。長考派の藤井棋聖
にとって持ち時間時間が大きなプラスになったのは確かだろう長考もそう。
棋界にはこんな格言がある。「長考に好手なし」。長考するのは通常。相手に
意表を突かれて勝負は歳の土居名誉名人が最終的に疲れから敗れたものの。
天才が本気で長考したらどうなるかを示した脳みそ夫が謝罪「僕の勉強不足を
痛感」「これを機にアイヌの歴史や伝統。文化の勉強をしていきたい」

第I部。だからお医者さんに止められているんだけども。そう言われてもどうしても
詰将棋を作りたい。と。それはたぶん。小説家がいろいろな作品を読んでいて
。自分もこんなの書きたいなあと思うのとかなり似ている。若島 ただ。それ
に関して一つ。なぜ詰将棋をやっているのか。その理由は簡単に言うと。将棋
ではあまり起こらないようなことが起こるので…あとは。チェスのエンド
ゲームなんかは特にそうだと思うんですけど。“最後は局面がこんな感じに
なるんじゃないか羽生善治も認める「長考に好手なし」――将棋?囲碁で1手に5時間。羽生善治も認める「長考に好手なし」――将棋?囲碁で手に時間かけた棋士の
結末なぜ手に時間分もかけたのか? 手にかけた長考記録□将棋→堀口一
史座七段の時間分□囲碁→無制限なら故?星野紀九段の時間。持ち時間が
ある場合は終局後に長考の理由を伺うと。堀口七段は『先の先まで読んだん
ですけど。どうやっても手負けなんです。 今こそ知りたい信頼の医療?
健康情報 文春ムック「スーパードクターに教わる最新治療」より

将棋界の第一人者、羽生善治九段の著書「戦う頭脳」からの引用ですが、<長い時は4時間近く考えたことがあります。しかし、時間を費やせば良い手が指せるかというと、必ずしもそういうわけではありません。私の経験でもありますが、将棋の世界には『長考に好手なし』という格言もあります。どうして長く考えても良い手が指せないのかと言うと、長考している時というのは、考えていると言うよりも迷って悩んでいるケースが多いからなのです。中略ですから、私自身にとっては、長考に見切りをつけて決断し、選択ができるかどうかが、『調子』のバロメーターと考えています>P77つまり、良い手が浮かんで読めていたら指せるのに、良い手が浮かばないから迷って時間がかかっているということですね。そして分からなくても、調子が良いときは最善手を自然と選びやすいので、長考が減るとも言えます。それがプロ対局の長考なのかアマの対局の長考なのかで意味合いが変わると思います。プロの場合持ち時間が5時間とかあり、その中での長考は~時間のレベルです。この場合は集中力が持たないとかもっと考える場所は別にあるとかいう意味になると思いますがよくわかりません。アマの場合は長考と言ってもせいぜい15分程度です。この場合は筋を読んでいるのではなく迷っている可能性が高い迷うのは非効率ですし、アマはとにかく第一感の手を大事にすべきだという意味になると思います。長考すると迷いが生じて、迷いが余計な着眼点を引き出し、本筋から外れた手、ボイントを外したり、本末転倒な手を指す可能性が高くなるからでは?集中して考えられる時間は、個人差があるとは思いますが、鍛えていてもピーク年齢で2時間だと思います。思考以外で、ふんわり5感を飛ばす時間も、同じくらいが限度と思います。それ以上の長考は、踏ん切りが付かないで迷うか、疑心暗鬼になっている時間。疑心暗鬼になると、考え以外の事が浮かんだりもします。だいたい、人は、後の考えを優先しがちになる。前の考えの上に建って、後の考えが出る事が多いですから。ですから、後の考えが、前の考えの延長から来ない時にも、誤解して考えた結果の最終系と思い込みがち。これは、将棋だけでなく、当てはまる事だと感じています。特に時間に追われてる事に気が付いて、焦った瞬間には、しばしば有ります。長考の内容は色々あります。候補手について詰みまで読み切って確信を持って指す場合もありますが、これは稀です。敵に好手や新手が出て、その対策を練るのに長考。これも悪手となる割合は低くなります。好手なし、つまり悪手や疑問手となる多くの場合は、中盤の漠然とした局面です。次の一手で局面の方向性が決まるとともに、間違えると苦しくなりそうな予感のある局面です。ニ~三の候補手の比較で迷っており、何度も読み直したり、読みの終着点から更に先まで読んでもはっきりしない状態です。こうなると、もっと良い手を見落としているかも知れない、視点をかえて読んでみよう、という心境になることがあります。それで四番目の候補手を無理に見つけて読むと、新鮮なためか、ばかに良い手に見えてしまいます。長考したあげく、最後の五分で思いついた手に惚れて、最悪の手を選ぶということがあるのです。その印象が強いせいか、長考に好手なし、という言葉が定着したと思います。大山十五世名人は、以上の経験則から、長考してもよくわからないときには、できるだけ地味な手を選び、自爆しないように気をつけたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です