提言コーナー 時間無限なのでば様々な競技経験するこの方よ

提言コーナー 時間無限なのでば様々な競技経験するこの方よ

提言コーナー 時間無限なのでば様々な競技経験するこの方よ。ううむ、、、どうなんでしょうか。サッカーついて質問 最近のスポーツ界、幼少期特定のスポーツ専門的行う中学生くらい様々なスポーツ経験させた方将来的怪我の軽減含め、成長するの考え方主流か思 アメリカのアスリート幼少期様々な競技経験するこや、日本人大谷選手や錦織選手など世界的成功ている選手幼少期様々なスポーツ経験ているのこで考え方浸透ているか思 か、サッカー関て足元の技術独特の才能必要など言われ、幼少期技術専門的習得する必要あるの考え強いよう感じて (あくの感じ方だけ) の考えサッカーおいて、幼少期中学生くらい様々なスポーツ経験する方よい感じます、サッカー将来的継続する考えるならばスポーツで同じ時間費やすならば、様々なスポーツ経験するサッカー専門的練習た方よいのでょうか ちろん、サッカーばかりだ他の競技苦手なったり、脚ばかり負担かかり怪我のリスク高まったり弊害あるか思、サッカーだけの技術向上たいのでば、他の競技の練習時間かける、サッカーの練習時間かける方よいのなのでょうか 時間無限なのでば様々な競技経験するこの方よい決まってる思、サッカー練習て他の競技練習するいうの時間的難い感じますサッカーだけの技術向上たいのでばサッカー集中するべきなのか、スポーツ全般の考え方サッカー独特の足元の技術必要の考え方ふ意見お聞かせいただきたい思い投稿 様々意見頂戴できれば思 テーマ「サッカーの良い指導者とは」。監督。コーチ達を雇って。表向きは試合や練習は全てお任せしてると言いながら
。実際は息子の為のチームになってるチーム。レギュラーメンバーには。合間
時間コーチ陣が一緒にパス練習などさせてましたが。他の子供達は同じ会場で。
アップ補欠専用スレがあるので。そちらで主張するほうがの合理的なので。
良い指摘と思いますが。他の競技はもっとえげつないのよ指導方法も生きた
化石ごとく変わらずサッカーの現状がベストと言ってるわけじゃないが

子供のサッカー上達のためにサッカー未経験の親がした4つの工夫。サッカー未経験の父が息子の上達のために行なった様々な工夫や気をつけた
ポイントを伝授。休日に知人とフットサルをすることはたまにあるが。学生
時代にサッカー経験があったわけでもなく。なお。小学生の子供を想定して
いるが。就学前の幼児や中学生以上の子供を持つ親御さんにとっても。共通する
部分は多いはずなので。ぜひ参考をもっと練習してチームで一番上手くなろう
という話をして。クラブの練習がない日もドリブルの練習に時間を割いた。監督日記。人間の心は気まぐれですがボールは素直な子なので相手をすればするほど言う
ことを聞いてくれます笑私自身も昨日は一番雨が強く感じられた時間帯は
。自宅に到着したにも関わらず車から出られず。雨が弱まるまで。30分低
学年から地道な練習を積み上げ。試合を沢山経験した子達が上の学年になり始め
た。4~5年前現5~6年が低学年時今在籍している子供達を生かす
スタイルが攻撃的なサッカーであったり。自主性を重んじた雰囲気作りであっ
たり。私自身が

日本とヨーロッパのサッカーの違いについて。また。私には好きなサッカースタイルがあり。それは私の考え方に大きく影響し
ています。そのため。ここはスペイン人の自分がサッカーについての考えを
伝え。日本人選手の高い技術と補い合うのに理想的な場所だと思っています。
の高さだけでなく。チームプレーと良いディフェンス無しでは成功することは
できないということをよく理解していることです。ことに重きを置き過ぎて。
チームでのプレーに慣れることやチームでの守り方についてはあまり時間を使い
ません。3月。もちろん。彼が元バルセロナのカンテラでサッカー通なら誰もが知ってる選手
というのもあげられますしそれに動じないメンタルと実績が彼を代表に
ふさわしい理由です。 早くから代表にあげることによって。プレッシャーに
慣れる時間も与えれます。こういった子は全国的な肩書きが中々付かないだけ
で。チームではスタメンですし選抜ではエースです。もし。これら要素が基準
を満たしてないようであれば他のスポーツからアプローチ他競技もやってみる
するのも一

併用するのが。よく。サッカーをするのに他のスポーツも経験した方が。一流になれるような
ことが言われてます。水泳が良いとか。アヤックスの育成世代では。練習時間
をサッカー割。他のスポーツ割の時間割で練習をしているらしい。サッカー
だけでは。サッカーが上手にならないと考える。オランダの育成法なんですね。
アヤックスは。なってきます。様々な角度から大きな負荷がかかり。
コンタクトプレーの多いサッカーにとって密接な競技と言ってい良いでしょう。サッカー。お子さんはボールを持っている時に奪われないよう 遊びながら練習。というか
ほとんど遊びだけど。知らないうちにスキルし何処を攻めて何処を守るかを
判断して。仲間とのコミュニケーションを取ってサッカーをする』というとこで
しょう。 る! 若いころには基本的な練習を繰り返すことで技術力がしっかり
と身に付きます。サッカーの競技規則では 回転系のサーブを習得
したいと思う卓球初心者の人も基本なので。まずは下回転サーブの習得を目指し
ましょう。

提言コーナー。練習試合を有効利用するより効果的な解決方法はないのかもしれませんが。多く
のチームは頻繁な練習試合という訳にもいかないでしょう。スクリーン無し
でも。カットとペネトレートだけでチームオフェンスが出来るとお考えの方もお
られます。子供たちの興味。技術の発達。日本バスケットボールの競技力向上
。様々な視点から更に掘り下げて考え。問題提起していきた長時間に亘り。お
付き合いいただき。先生の暖かさ。スケールの大きさをいやというほど感じまし
た。

ううむ、、、どうなんでしょうか。まだまだこの辺りは発展途上で確かなエビデンスなどはないのではないでしょうか?指導者の方も人によって意見が様々かと思います。私見ですが、1.トップレベル国の代表に入る以上、その時代のその国を代表する2~3人ならサッカーのみをやるのがもっとも確率が高い気がします。根拠。CL決勝トーナメントスタメン選手の8割が、16歳程度でプロ契約をした選手に限られると言う話を山本昌邦さんが仰っていました。逆算すれば中学生まで他競技とまんべんなくやっていてはとても間に合いません。2.サッカーに限りませんが○歳のときに○を身に付けておくのが必須。という部分があると思います。様々なスポーツを体験させる場合でもこの必須科目とでも言うべき所はクリアしておいたほうが良いと思います。あくまでその上で他競技もやっていくという話かと思います。3.○歳まで他競技をやっていて大成したサッカー選手も何人かいると思いますが、はっきり言って現代サッカーになるほど、足の速さ、身長、など後から鍛えられない天性の要素が成功するしないを分けるようになっていて、他競技~~○技術を習得などは無関係になっている気がします。他競技をやっていたから成功したのではなく、たまたま遺伝的に身体が恵まれた選手が成功しただけに思えます。恐らく最新のデータでは、○歳のときに○m○秒、身長○センチなければ大成しない。など判明していると思います。そのデータに従い、将来的に目のあるスポーツを色々と体験させる。というのが身も蓋もありませんが、将来成功する可能性が一番高い話になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です